嘉納治五郎-事業内容

ミッション: "100-Year mission="Mission

嘉納治五郎の「精力善用」「自他共栄」の精神と、クーベルタンの唱えたオリンピズムの精神を活動の中心理念とし、スポーツを通した人間教育と社会の発展を目的とした事業を展開する"100 Year Legacy ミッション" を達成するため、当センターでは3つの大きな柱を立て活動を行います。

  • オリンピック教育・オリンピズム研究事業:Olympic Education & Research on Olympism
  • アンチ・ドーピング国際協力:Play True Programme
  • スポーツ国際交流・協力事業:Global Outreach Programme

各事業がそれぞれ有機的に結びつき、相互補完的に展開できるよう、実際の事業では常に教育展開、アンチ・ドーピング活動推進、国際貢献・協力を意識した活動を心がけています。

オリンピック教育・オリンピズム研究:Olympic Education & Research on Olympism

「オリンピック教育・オリンピズム研究事業」では、嘉納治五郎の唱えた「精力善用」「自他共栄」やオリンピズムの精神に基づき、心、知、体、志の健全な育成を目指したオリンピック教育を展開するとともに、オリンピック教育の教材開発、オリンピック・ムーブメントの分析・研究、オリンピズム理解を促進するプログラムを実施します。また、世界のオリンピック教育・研究機関、専門家などと連携をとりつつグローバルな視座に立った事業を展開します。

アンチ・ドーピング国際協力:Play True Programme

「アンチ・ドーピング国際協力事業」では、社会におけるスポーツの価値を守るアンチ・ドーピング活動を推進し、"Play True"精神の社会的理解・浸透を目指します。日本アンチ・ドーピング機構と連携し、アジア地域内のアンチ・ドーピング活動の活性化に向けた人材・組織育成に協力します。また、国際的なネットワークの構築、社会におけるスポーツの地位向上に貢献するための研究調査活動を行います。

スポーツ国際交流協力:Global Outreach Progamme

スポーツ国際交流・協力プログラムでは世界のスポーツの発展だけでなく、スポーツを通した人材の育成やコミュニティの発展に貢献する事業を展開します。また、日本がこれまで実施してきたスポーツ協力・スポーツ交流に関連した様々な情報を集約し、人的・物的リソースの有効活用を目的としたネットワークの構築を目指します。

JAPAN SPORT COUNCIL

大きな地図で見る

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1
岸記念体育会館内
TEL: 03-5790-9656
FAX: 03-5790-9657